• 二拠点生活イラストレーター

    私のきもち

    私がこの絵を届けたいと思うのは、たった一人のあなたです。

    この絵が、駅のポスターや、広告の隅や、誰もが目にするCMに貼りつけてあることは、

    私の目的ではありません。

    目まぐるしい世の中で、日々を生きていくことはそれだけで本当に大変なことです。

    あなたは当たり前のようにやっているけれど、それは十分に尊敬されることです。

     

    あなたがどれだけ美しくて、素晴らしくて、生き生きとしているか、

    その中で生きていたら、わからないかもしれない。

    また外から見えるあなたはあなたの一部分かもしれない。

    私は、絵を描くのが好きです。

    絵の中では、世界を自由に創造することができます。

    だからあなたから感じる世界を、私はそのまま白いキャンバスの中に創り上げることができる。

     

    あなたの内面からにじみ出る美しさや、知性や、清廉さを、絵に込めることができる。

    表情と瞳に、強さ、信念、やさしさ、清らかさを宿すことができる。

     

    私の目的は、あなたが「私はこんなにも魅力的なんだ」と発見してくれること。

    自分の中に可能性を見出してくれること。

    信念と強さを秘めた美しい瞳をしていると知ってもらうこと。

    たくさんの人に届けるのではなく、あなたにとっての大切な一枚を描きたいのです。

     

    だから写真から簡単に絵に起こすことはしません。

    あなたの生き方や、人となりを知って、愛情を感じて描きたい。

    そのために、あなたについて教えて欲しいとたくさんお願いしてしまうかもしれない。

    でもそれは私があなたを好きになるための作業です。

     

    【あなたの大切な方へ】

    もしあなたが、特別な人への贈り物に私の絵を選んでくださったなら、

    私にとっては本当に幸せなことです。

    あなたがこの絵を贈りたい人は、どんな方ですか?

    あなたが大好きで、大切だと想う方のことを、私にも教えてほしいのです。

    そして私にも、その方を大好きにならせてほしい。

     

    大好きな子供たちに囲まれて暮らしているので、たくさんの絵を描くことはできませんが、

    あなたにとっての特別な一枚を、愛情と手をかけて描かせてください。

    まだ見ぬ出会いを、心待ちにしています。

    田中 幸穂