• 二拠点生活イラストレーター

    5月の山仕事。それはベーコン作り。
    これはナゼか恒例行事なので、何がどうであろうと5月になったらベーコンを作るのだ。

    申し訳ないが、自作のベーコンはスーパーで売っているベーコンとは全く違うもので、びっくりするくらい美味しい。料理に使えば、それだけで超ゴージャスな味になる。
    さあ、今年もベーコン作りを始めよう!

    豚バラ肉は飽和食塩水(ソミュール液)に24時間漬けておく。
    この時ハーブとか、スパイスとかを入れてこだわってみるのもいいけれど、やっぱり黒コショウをびっくりするくらい入れるというのが簡単でおいしい。

    そこから塩抜き。2~3時間かかるので、その間に外仕事とか、読書とか、子供たちと遊ぶとか、好きなことをして待っていよう。

    塩抜き中。流水で放っておくだけ。

    低温でゆでてから、乾燥のため部屋の中で吊るされる。(外だと、鳥に持っていかれるよ!)だいたい春は肉、秋は柿が吊るされているのが恒例で、まさに山小屋の風物詩である。
    乾燥が済んだら、Let’s燻製!

    外に吊るすと鳥や動物さんに持っていかれてしまう。

    ここで立派な燻製機が出てくると思いきや、登場するのはダンボール!!
    手作り感満載の燻製BOXは、掃除の必要がないので後始末が本当に楽なのだ(笑)

    手作りのダンボール燻製機
    中はこんな感じ

    桜チップで燻すこと7~8時間。たいてい夜通し燻しているので、朝起きると燻製の何ともいえないこおばしい香りが山小屋にただよっている。今朝も外からただようほのかなスモークの香りで目が覚めた。

    ハイ、完成。

    だいたいチーズも一緒にスモークされる

    本によると、スライスしたらそのままソテーして、黒コショウとメープルシロップをかけて食べるのが最高らしい。やったことないけど(笑)

    自家製ベーコンソテーのメープルシロップがけ

    私は特別なことはせずに、そのまま料理に使うけれど、これでしばらくは幸せなディナーを満喫することができるゾ♪